メゾン・ド・なつやすみ

絵日記にしなかったほうの時間

4枚切りが売り切れの日

4枚切り食パンを愛して幾星霜。4枚切りが売り切れのときは5枚切り1枚食べるか6枚切り2枚食べるか悩みます。


わたしのよく行く会社近くのスーパーはもともと4枚切りをあまり多く扱ってなくて、加えて4月は部署異動後まいにち残業してたもんだから、仕事終わりに買い物行ったときにはもうパンの棚は空っぽ。運がよくてPBの5枚切りか6枚切りが1、2袋残ってるくらい。


弊社を志望した動機が「早く帰りたいから」であるわたしにとって、繁忙で日々続く残業その結果4枚切り食べられない現状マジ起こしたいぜ訴訟(突然のラップ)


とは言っても、「別の部署の下請け・飛び地・交換留学生」的だった前の仕事よりも、(比較的)専門性と主体性のある今の仕事のほうが充実感はあったりするんだよねぇ。わたしはこっそり「全てのゴミが流れ着く浜辺みたいな部署」って呼んでる。自分の浜辺があるのはいいことだ。


なお、前任者から引き継いだアレコレを「こんなんエクセルにやらせたらちょちょいのちょいやで」と関数打ち込んで過ごした4月のおかげで、5月は早くも定時ダッシュの神になりつつあるよ。また4枚切りが食べれて嬉しい。パンの厚みはQOLの高さだ。


まぁ厚くてふわふわのパンをぎゅって潰して食べるのが好きなんだけど。はっはっは